毎年ゴールデンウィークはじめ代表的な連休の時期には多くの人が旅行に出かけます。しかしそうした連休はかなりホテルも観光地も混み合うため、最近では少し時期をずらして友人と旅行に出かけるという人もいます。ホテルの費用も含め旅行ではある程度お金がかかるものですが、食べ慣れている人の場合上手にお得なプランなどを利用して、浮いたお金をおいしい食事に充てたりと十分に旅を楽しむためのテクニックを身に付けています。特にホテルの予約の仕方に関しては慣れている人のほうが安くてサービスの良いプランやホテルだけど上手に見つけている傾向があります。今まであまり自分で旅行の計画は立てたことがない人や、初めて自分が友達だけで旅行を計画する若い人の事はどれぐらいの費用を考えて旅行を計画するべきでしょうか。行き先やプランによって当然違ってきますが、なるべくお金を上手に使って存分に旅を楽しむために良い計画をする事は大切です。

旅行にかかる費用はどのくらい?

国内旅行でもある程度遠いところに行く場合は飛行機を使うことが多いと思いますが、例えば羽田空港から日本各地に出かける場合は北海道であれば片道の費用で、安くて1万5,000円位、高くて40,000円程度、逆に南の沖縄県に行くためには安い航空券ところが1万5,000日、高い国になると50,000円近くになってしまいます。自分と価格差があると感じるかもしれませんが、やはり旅行の時期や予約方法などによって差が出てきます。この辺をいかに上手にやりくりして安く抑えるかがテクニックと言えるでしょう。最近では格安航空のLCCを上手に利用することによって旅先までの交通費を大幅に節約する人も増えています。この交通費をいかに抑えるかがポイントで、そこで節約できた分を旅先での食事やお土産の費用にすることができます。

航空券と並んで度の費用の中で割合が大きいのが宿泊費用です。宿泊施設の種類もホテルから民宿のようなものまでさまざまですが、どのようなタイプの宿泊施設にするかでかかる費用が大幅に違ってきます。とはいえある程度快適で動きやすい宿泊施設を選ぶとなるとやはりホテルの人気が高いでしょう。いわゆるリゾートホテルのようなところだと一人当たり一白15,000位の費用が相場と言えるでしょう。またビジネスホテルを旅行の際に利用するのも良いアイディアです。ビジネスホテルと銘打っているとしても、比較的快適で普通の旅行でも使いやすいホテルが多いので、ビジネスホテルであれば一人当たり10,000円以下で宿泊できるところが多いようです。もちろん日本風の旅館で温泉などを楽しみたいと言う方も多いと思いますが、旅館もそれほど安いと言うわけではなく、1番映画で宿泊できるところもあれば、一般的にリゾートホテルよりも高い宿泊費用になる旅館もあります。

素泊まりプランを上手に活用

ホテル最近ではホテルなどでも素泊まりプランを用意しているホテルが増えています。旅行の計画の内容によってはこうした素泊まりプランを利用したほうが安く済み、旅行が楽しめると言う場合もあります。まずこの素泊まりプランと言うものは食事等のオプションが全て外れていて、純粋に泊まるだけプランというものです。道場旅行先で夕飯を食べに行きたい外のお店などが決まっていたり、旅行先の繁華街でふらりと食べ歩きをしたい場合などは、ホテルでの夕食がついている必要はないので、素泊まりプランを利用した方が費用の面でもメリットがあります。

通常の旅行であれビジネスでの出張であれ、深夜のチェックインや早朝のチェックアウトを行う場合は、素泊まりプランを利用してただ夜寝るだけの宿泊先として予約をするほうが安く済むでしょう。年配の方であれば宿泊先での料理が楽しみと言う方も多いですし、あちこちに動き回るよりも宿泊先で5分含め全てが完了した方が安心という方も多いかもしれません。どちらかというと旅行先でアクティブにいろいろな所を歩き回りたいと言う若い方に素泊まりプランはオススメかもしれません。しかしこうした素泊まりプランは各ホテルでも数に限りがあったり、忙しい時期にはかなり早く素泊まりプランが埋まってしまうことが多いので、旅行の計画を立てたらまずは安価な素泊まりプランがあるかどうか確認するようにしましょう。なるべく早く予約を抑えるのが得策かもしれません。

ホテルと旅館の違いはどんなところ?

旅行の際に選ぶ宿泊先施設としてはやはりホテルと旅館が人気が高いと思われますが、そもそもホテルと旅館の具体的な違いとはどんなところにあるのでしょうか。温泉のあるなしで決まっているわけではありません。温泉付きのホテルも世の中にはたくさんありますが、旅館にしてもホテルにしてもそれぞれ旅館業法と言う宿泊施設に関する基準があり、その宿泊施設の規模や大きさ付帯施設の特徴などによって分けられています。

旅館のほうがどちらかというときちんと食事付きなところが多いイメージですが、最近では旅館でも1人での宿泊や素泊まりができるところも増えてきているようです。またホテルの方では基本的に洋式の浴室やシャワー室が備えられています。旅館の場合は一泊につき2食食事が付いているのが一般的です。そのため深夜に到着したり早朝にチェックアウトしたりといった融通がきかないことが多いです。確かに日本的な良さが多いのは予感かもしれませんが、旅先での動きも考えて融通がききやすいのはホテルの方かもしれません。

まとめ

ある程度遠方に旅行に行く場合は、航空券の費用を確認して航空券などを用いることによって安くして、宿泊先の費用も素泊まりプランを利用して安くすると旅先での他の事柄にお金を用いることができるでしょう。浮いたお金で旅先の有名なレストランに行ってみたり、アミューズメントパークで遊んだり家族や友人にお土産を買っていったりすることができるはずです。最近ではスマートフォンさえあれば格安航空券や素泊まりプランの宿泊施設の情報を調べることができますので、これから旅行計画されてる方はこの二点に注目して旅のプランを立ててみてください。